日本・イスラエル外交関係樹立70周年記念懇親会

当窯元・広報担当の西澤が、駐日イスラエル大使🇮🇱=ギラッド・コーヘン閣下を囲む『日本・イスラエル外交関係樹立70周年記念懇親会』に出席しました。
新型コロナ感染拡大防止と言うよりセキュリティーの関係で参加者30人限定です。
会場は貸し切り。
入口やエレベーター前で屈強なSPが睨みを利かせてたそうです😅

懇親会前の勉強会は、『8K医療の開発と今後の展開』について。
講師は(一社)メディカル・イノベーション・コンソーシアム理事長の千葉先生です。
事例は超高感度内視鏡を使用した胎児の手術についてです。
8K内視鏡により、見えなかった物が見えるようになり『解剖学』が変わったそうな。
この内視鏡は、日本放送協会(NHK)の技術の応用らしい。
千葉先生のお話は素人の西澤にも理解出来るものでした。

懇親会は、駐日イスラエル大使=ギラッド・コーヘン閣下のご挨拶で始まりました。

近畿経済産業局長さんの挨拶が続きました。
30人の宴ですが、関西(大阪中心)の産官学の顔が揃いました。

新型コロナで自粛…自粛…自粛でしたが、そろそろ人も経済も動き出すのでしょうか?

カナダ関連の集い

当窯元・広報担当の西澤が、カナダ関連の宴に参加してきました。

第一部会場はフェスティバルタワー37F フェスティバルスイートでした。
在名古屋カナダ領事(西日本統括)=デ―ビッド・パデューさんの挨拶で始まり、カナダ大使館 リサ・マリン一等書記官の『CPTPP』に関する講演が続きました。

第二部会場は、歴史あるレストラン・アラスカで食事会。
始まりの儀式は…パデュー領事も一緒にライムを潰す+砂糖を入れる+ブラジルの庶民の酒=ピンガ(アルコール度数 39度)を注ぐ=カイピリーニャと言うcocktailで乾杯。

少人数の食事会でしたが、とてもとても楽しいモノでした😁(西澤 談)