プレスリリース

カナダ関連の集い

当窯元・広報担当の西澤が、カナダ関連の宴に参加してきました。

第一部会場はフェスティバルタワー37F フェスティバルスイートでした。
在名古屋カナダ領事(西日本統括)=デ―ビッド・パデューさんの挨拶で始まり、カナダ大使館 リサ・マリン一等書記官の『CPTPP』に関する講演が続きました。

第二部会場は、歴史あるレストラン・アラスカで食事会。
始まりの儀式は…パデュー領事も一緒にライムを潰す+砂糖を入れる+ブラジルの庶民の酒=ピンガ(アルコール度数 39度)を注ぐ=カイピリーニャと言うcocktailで乾杯。

少人数の食事会でしたが、とてもとても楽しいモノでした😁(西澤 談)